前へ
次へ

労働相談は働く人の味方

労働相談で悩みのタネとなること理由の多くに、仕事上の失敗が多く会社に迷惑をかけている人の対処方法です。
能力に問題があり仕事を満足に出来ないなどの理由があれば、解雇に繋がるケースも考えられます。
しかしそこには合理的な理由や社会通念上致し方ないと判断されることが必要で、これらが認められない時には無効となる場合も考えられます。
社内での部署移動は可能か、再度教育することは出来ないのかと言った改善策を行うことも必要になって来ます。
また派遣だから仕方ないと言う意見もありますが、いくら派遣先であっても正式な解雇として認める訳にはいきません。
もし解雇を言い渡すのであれば、使用者側が雇用契約を結んでいる派遣元へ言い渡すことになるからです。
そのため使用者側と派遣元が話合いを行うことになり、その後の方向性が定められることになります。
使用される側は、派遣元からの指示に従うことになるだけです。
多くの問題を抱える労働相談は、積極的に行うことで被害を少なくする方法になります。

Page Top